Activity

活動内容 ​

iGEMでのチーム活動は、大きく分けて

Wet、Dry、Human Practiceの3つからなります。

図1.png
Wiki用?素材集_190121_0002.jpg

Wet

 主に実験の計画、実行を行います。

 iGEM TokyoTechでは、iGEMの過去のプロジェクトや様々な論文を参考に実験内容を設計したのち、PIの先生方の研究室の一部を借りて実験活動を行います。その結果をもとに更なる改善を図り、最終的に目的の結果を得られるよう日々の努力を続けます。

ノートパソコンのキーボード

Dry

 主にプログラミングによるシミュレーションや演算、機器の設計などを行います。各チームにより活動の幅は多岐にわたりますが、iGEM TokyoTechでは主に、実験系をシミュレーションによって理論的に繋げることや、データの予測することなどを行っています。

 また、プロジェクトの内容を載せるウェブページの作成も主となって行っています。

2018_09_15_1.jpg

Human Practice

 プロジェクト内容や、合成生物学への社会の理解を得ることを目指した活動や他チームとのコラボレーション活動などを行い、それらのフィードバックを生かしてプロジェクトの社会貢献性と、実現可能性を高めることを目指します。

​ iGEM TokyoTechでは、一般の方向けのシンポジウムや出張授業を行うとともに、専門家や現地の方を招いてお話を伺い、プロジェクトのブラッシュアップを行います。また、日本国内のiGEMチームを集めたMeetupを主催し、綿密な連携を図っています。