Project

研究内容

図4.png
E-Turing.png

​2019 E-Turing

生物の模様を題材として、光と温度での模様形成を制御する方法を大腸菌で実験しました。また、人の指紋の復元を計算量が少ない方法でする方法について取り組みました。

図4.png
logo2018.png

​2018 Finding Flavi!

デング熱に着目し、前年度までの流行を解析することで、次の年の流行を予測するシステムを開発しました。また、デング熱の疑似ウイルスと患者の抗体を反応させることで、その患者の過去の感染を診断できるキットの開発に取り組みました。

図1.png
スクリーンショット (178).png

​2017 Colisapience

大腸菌とヒト細胞が物質をやり取りすることで、一つのシャーレの中で一緒に培養するシステムの開発に取り組みました。これは、人間の腸内環境の際現に役立ちます。

図1.png
2016.png

​2016 SNOW WHITE

大腸菌を用いて、白雪姫の物語を再現しました。白雪姫、女王、王子の三人を模した大腸菌を作成し、それぞれが物質をやり取りすることで、毒リンゴで倒れる白雪姫と、王子のキスで目覚める白雪姫を模しています。

図1.png

​2015

logo2015.png

​2014

logo2014.png
図1.png
図1.png

​2013

logo2013.jpg
図1.png

​2012

logo2012.png
図1.png

​2011

logo2011.png
図1.png

​2010

logo2010.png

​2009

logo2009.png
図1.png

​2008

logo2008.jpg
図1.png
logo2007.JPG

​2007

図1.png